劇場・ホール・音楽堂・講堂等の企画・設計・監理・コンサルティング

代表メッセージ

次世代のために

劇場を創る

 

 

 

 

株式会社ラムサ 代表取締役 西 豐彦

  ラムサは4期目を迎えました。今も歴史の浅い劇場コンサルタントに違いありませんが、いつまでもこの言葉に甘えてはいられません。

  前期は売上が厳しく増資も考えましたが、他者からの借入金はないので特に財務上の外見は気にしないことにしました。一方この1年は調査研究・開発という面では大きな実りがありました。前々期末2017年6月にコペンハーゲン、アムステルダム、パリ、ダブリン、ロンドンなど欧州各地を回り、会社の立上げ前から気になっていた疑問点などを払拭し、新たな課題も持ち帰りました。その後英米の劇場基準、さらなるサイトラインの手法開発、バリアフリー、新しいオペラハウス客席形状等について精力的に調査・研究を進め、その成果を発信できるところまできました。以前は直感的にやっていたことも見直すことで新たな気づきがありました。音についても色として見えるところまではまだ行かないものの感覚が研ぎ澄まされてきたことを感じます。

  世の中では弊社が掲げる舞台の感動が生に伝わる鑑賞空間と、建築空間の素晴らしさの両立どころか、過去に戻るような少し残念な劇場・ホールが、民活プロジェクトを中心にまた増えています。悲しいかな高度成長期やバブル経済期とはまた違ったツケを将来世代に残すことになるでしょう。

  地域や社会の重要な財産となる多くの劇場・ホールが、高い質と安全性を備え、感動を生む空間として世代を超えて使われるよう、実現に関わる皆様と地域の発展に寄与したいと願います。今期はプロジェクト初動期からの業務獲得に向けて活動する1年にします。

 

2018年7月

PAGETOP
Copyright © 株式会社 ラムサ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!